世界の筆記具ペンハウス
雑誌「趣味の文具箱」連載でもお馴染みの文具ライター・武田健さんによる「読みもの」コンテンツ。総保有インク1300本超えの自他共に認める万年筆インクコレクターである武田さん。万年筆とインクを中心に、文具にまつわるお話を連載していただきます。

いつもの鉛筆をおしゃれに便利に変身させるアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

大人になると鉛筆を使う機会がぐっと減る。万年筆やボールペンといった筆記具はそれなりに使用頻度は高くなるが、その分鉛筆の登場する場面が少なくなった。
しかし、意外にもぼくの周りには大人になっても鉛筆を愛用している人が少なくないことが最近わかってきた。
ある友人は毎日大学ノートに日記をつけているのだが、その時の筆記具は鉛筆だという。鉛筆はどこでも手に入るので、旅先でうっかり筆記具をなくしても、すぐに手に入れられるし、簡単に消しゴムで消すことができるからストレスフリーの筆記具だというのが彼が今でも鉛筆を愛用する理由だという。
他にも、普段は万年筆やボールペンを使っているライター仲間の中に、だからこそわざわざ鉛筆を使うという文具の達人もいる。彼女は、それぞれの筆記具の利点を生かし、TPOに合わせて、それらの筆記具を使い分けているようなのだ。例えば鉛筆などはすぐに取り出してメモをするのに最適なので、鞄の中に一本は必ず入れておくらしい。なるほど、そういう風に使えば、鉛筆の出番も必然的に増えていくだろう。

その鉛筆を使う時、ちょっとした工夫で普段何気なく目にしている鉛筆がちょっと特別な逸品に変身する。そのアイテムが今日ご紹介する、「Pent×工房楔エクステンダー」だ。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

これは、以前ご紹介した「Pent by 大西製作所」の万年筆と同じシリーズで、その独特のアセテートの手触りと、他にはない唯一無二の柄が大きな特徴だ。だから、手にするたびに、なんとなく気分が高まり、ちょっとした文字を書く時も気分が高まってくる。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

ぼくはすでにこのシリーズの万年筆を二本持っているので、それらと組み合わせて使うのも面白いなと思っている。

しかも、一本一本柄が違うので、例えばペンホルダーと万年筆が同じ色であったとしても、柄が少し違ってくるので、それを比較してみるのも面白いだろう。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

それらの組み合わせは自由だ。万年筆の柄と合わせるのも良いし、違った柄の組み合わせでも良いだろう。いずれにせよ、形や素材が同じなので、どんな組み合わせでもマッチするのがこのシリーズの面白いところだと思う。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

一般的なペンホルダーというのは、たいてい、鉛筆を使い続けて、木軸の部分が短くなって、握りにくくなってから補助的な役割で使うものが多いのだが、このペンホルダーは新品の状態から使うことができる。それは、ホルダーの尻の部分に穴が開いているので、すっぽりと鉛筆を包み込むことができる構造になっているから。手の大きい人の場合、普通の鉛筆だとあまりにも細すぎて使いにくく感じる人も多いだろう。しかし、このペンホルダーがあれば、万年筆と同じ太さになるので、大きな手の人でも握りやすくなるのだ。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

ちなみに、鉛筆をホルダーに通す時は、軸の尻の部分のつまみを回してリング部分を緩めてからその尻から鉛筆を通す形になる。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

また、このホルダーのリング部分に注目してみると、小さな突起物がついている。これは、転がり防止になっており、これが実はものすごく便利なのだ。例えば、一部の公共図書館の書庫に行くと、しばしば床に隙間があるような構造になっていることがある。そこに万が一筆記具を落としてしまうと、二度と取れない。この転がり防止があれば、机の上で転がることもないので、そういう心配も解消される。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

ところで、実は最近ぼくも鉛筆を使う機会が出てきた。それは、新聞に何かを書く時だ。4月に入ってからぼくが研究をしている作家の山田詠美さんが日経新聞の夕刊にて新聞小説を始めたのであるが、その小説をスクラップする際、日付をメモする時に鉛筆を使うようになったのだ。
新聞紙は特殊な紙なので、万年筆だとにじんでしまったり、ボールペンだと破けてしまったりする心配がある。しかし、鉛筆はそういった心配が一切ない。つまり、新聞紙と鉛筆の相性はとても良いのだ。
そんな時に、このペンホルダーを使うと、それだけで、何となく気分も上がるし、楽しいスクラップブッキングの時間を過ごすこともできる。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

いつも使っている鉛筆を、ちょっと高級感のあるものに変身させたい、あるいはより持ちやすい太さにしたい、そう思っている時にこの「Pent×工房楔エクステンダー」は最適だと思う。一本あれば、より鉛筆を使う機会も増えてきそうだし、鉛筆を使う楽しみを視覚的にも味わうことができる。
他の筆記具との相性も良いので、このペンホルダーを着せた鉛筆をペンケースの中にそっと忍ばせておくと、気分も高まるだろう。

Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

<商品詳細はこちら>
Pent×工房 楔 ペンシルエクステンダー リベルタ アセテート

この記事を書いた人

武田 健
武田 健
文具ライター、山田詠美研究家。雑誌『趣味の文具箱』にてインクのコラムを連載中。好きになるととことん追求しないと気が済まない性格。これまでに集めたインクは1300色を超える(2018年2月現在)。インクや万年筆の他に、香水、マステ、手ぬぐいなどにも興味がある。最近は落語、文楽、歌舞伎などの古典芸能にもはまりつつある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る