世界の筆記具ペンハウス
「玉石」とは優劣を表す喩え。しかしながら、玉も磨かねば光るまい。石も磨けば玉と成らむ。すべての「石」すら、わたくしには「玉」。文字と色、文学作品が交差する房(小部屋)にて、文具を偏愛する「朝比奈斎(あさひな・いつく)」さんに語っていただきます。

玉石参房 第二房「桜」

  • Pocket
  • LINEで送る

「春って曙よ!」の冒頭で有名な
橋本治の「桃尻語訳 枕草子」を
新人教員の頃、授業副教材にし定期試験にて
「わろし=ダサい」のボーナス得点設問を出題、
国語科主任に「生徒ウケを狙うな」と、
がっつり怒られた朝比奈斎です。

令和の今、NHK「おはなしのくにクラシック」で
その「桃尻語訳 枕草子」を放送中。
はた いふべきにあらず

桃尻語訳「もう…たまんないわねッ!」
(↑桃尻語訳の醍醐味)

今月はペンハウスオリジナルインク
「彩時記」より【桜】
言葉と色に誘われるイメージをもとに、
文学作品やイラストと併せてご紹介します。
どうぞよしなに。

木の花といえば、奈良・平安中期までは
中国伝来の梅がトレンドで、当時のパリピはこぞって梅を寵愛。
平安時代までの桜といえば原種ヤマザクラ(白が主流)でした。

52代・嵯峨天皇の桜花見の宴開催や
54代・仁明天皇が紫宸殿に
枯れた梅の代わりに桜を植樹したことをきっかけに
徐々に「花といえば桜」のイメージが定着し、

江戸時代から明治、大正、昭和にかけて
ソメイヨシノ植樹によって淡いピンクの桜が主流に。
桜の咲き誇る姿、散るさまに、心惹かれるDNA。

桜の樹の下になにか埋まってるとか、貴様と俺とはとか
卒業だの入学だの社会人一年生だの
桜餅だの道明寺だの桜フレーバー飲食物だの、

人生の坂や節目で今、舞い上がる商戦の混沌と
さまざまな、あまたの桜文化のなかで、
「桜と言えば」わたくしは
この作品を第一にとりあげます。
大岡信「言葉の力」光村図書 中学2年国語教科書掲載

大岡信「言葉の力」
Ink…ペンハウス彩時記「桜」 
本文…ブラウゼ オーナメントニブ1.0
ペン軸…カランダッシュ
用紙…山本紙業 コスモエアライト

樹全体で花の色を作る生命力と、
人間の思考や人格から発せられる「ことば」は、
桜の花の発露と同じである視点が心に響きます。
中2のみでなく、大人の襟をも正させる。

この教科書掲載後の、
人間国宝・志村ふくみさんと群馬県の中学生たちとの後日譚も
非常に考えさせられる良いお話です。

今回のつけペンは、ペン先が紙に接地しやすいオーナメントニブ。
万年筆太字のペンポイント接地感覚に近いです。

つけペンやガラスペン、万年筆などの硬い材質のペン先は、
紙に無理な力で押し付けるのではなく、
「インクは潤滑剤のつもりで、紙の上にペン先を滑らせる」ように書くと、
自然と手の力みはなくなり、書きにくさが軽減されます。

望遠鏡によって
Ink…英文ペンハウス彩時記「桜」 訳文「桜」「雪月夜」混色
本文…立川ピン製作所 タチカワGペン
訳文…プラチナ万年筆シュノンソーホワイト極太
用紙…SAKAEテクニカルペーパー トモエリバーFP

Gペンでは、インクが出にくいからといって
力んでガリガリと音がするほど書くと、
紙の繊維が切れて文字のインクが滲みやすくなります。
そこまで力んで酷使しなくても、Gペンにもちゃんと
ペン先が「楽に紙を滑る」ポイントがいくつかあります。

そのうちのひとつは「ペン軸の角度」
鉛筆やボールペン等は時計盤でたとえると
どの時刻方向でも書けますが、
特に【つけペン類】は下から上に向かう線が書きにくい。(「あ」や「の」等)

望遠鏡

万年筆はペン先の研ぎ方による紙の設置面積や、
個人の握り方、書き味の好みによって筆記角度は変わるのですが、
概ね40°~60°くらいが推奨といわれます。
それに比べてGペンは、ペン先と紙との接地面が小さいので
「うまく書けない」と思うときは
万年筆以上に「軸を傾斜、思い切り寝かせる」形を
試してみてください。

つけペン、ガラスペン、万年筆など硬い材質のペン先は
「紙の上で滑らせやすい角度と進行方向と力加減」
がそれぞれあるので、そのポイントはまた次の機会に。

春の色

春の色の概念として、浮世絵的に色をのばしてみました。
淡く美しく伸びる色の帯は、桜ひとつの色も
平安期の「かさねいろめ(襲色目)」のように2色の取り合わせも
淡いからこそしっくりとなじむ柔らかさ。

かさねいろめ(襲色目)
本文…日光Gペン特上品
ペン軸…SpeedBall
用紙…山本紙業 COSMONOTE

「桜」の淡い発色は、他の色との相性も良いです。
彩時記「桜」「雪月夜」 藍濃道具屋「炮火」
エルバン「DIABOLO MENTHE」
インク工房「167」を合わせてみました。

多色使いのときは、小皿など別容器にとりわけて使用します。
「桜」と「雪月夜」の混色は、紙との相性もあいまって偶然ながら
【ゆらぎ系インク】のような発色になりました。

ゆらぎ系インク
本文…ゼブラ チタンGペンプロ
用紙…SAKAEテクニカルペーパー トモエリバーFP

望遠鏡
訳文…プラチナ万年筆シュノンソーホワイト極太
用紙…SAKAEテクニカルペーパー トモエリバーFP

初々しく
用紙…SAKAEテクニカルペーパー イロフル

フラミンゴ
用紙…山本紙業 COSMONOTE 
呉竹 作品用書道液 書芸呉竹

花
東京スライダ(ガラスペン)ユニボールSigno金
Pelikan M205 DUO
呉竹 水筆

桜
用紙…山本紙業 
ユニボールSigno 金
ユニ JETSTREAM EDGE 青

「桜」
箱もインク名も世界観も美しい春の色は、
明るい未来への希望の色でもあり、
今、かなしみにうちひしがれる人の心を慰め、
そっと寄り添う優しい色。

インクの様々な楽しみ方の
入口となれば、幸いです。

集合写真

子供時代の推し番組は「はらたくおじさん」と「いちにのさんすう」、
今の推し番組は「ピタゴラスイッチ」と「びじゅチューン」です。
「晩年は早朝5時から深夜1時(放送休止)まで
ぶっ続けでEテレ見て過ごしたい」朝比奈斎でした。
では、また。

この記事を書いた人

朝比奈斎
朝比奈斎
憧れの高級文具から教室に忘れ去られた名もなき消しゴムに至るまですべての文具を偏愛する者。
文字は下書き無し・肉付け塗り無しの一発書き。
文具・画材・多肉愛好家として雑貨店「SHOP511」にて多肉植物の育成販売と文具雑貨諸事の販売に携わる。好きな言葉は「玉石混淆」

Twitter:@asahinaitsuku
  • Pocket
  • LINEで送る