世界の筆記具ペンハウス

【漫画】コトバノイロと私~入沼編~

  • Pocket
  • LINEで送る

イラストレーターの甘茶絵本子です。
連載3回目となる今回は、甘茶の万年筆インクことはじめを『羅生門』とともに振り返る『入沼編』。
万年筆もインクも知らない甘茶が手に入れた、一本の万年筆。それは、世にも恐ろしい底無し沼への第一歩でした。
あなたの沼は、どこから?

<この記事に登場するインク>
Pent〈ペント〉 ボトルインク コトバノイロ

この記事を書いた人

甘茶絵本子
甘茶絵本子
万年筆インクイラストレーター。日々を鮮やかに彩る万年筆インクの魅力を、より深く楽しく伝えるべく奮闘中。好きなものは甘いものと紅茶、本、絵を描くこと…そして万年筆インクと、そこから広がる世界。今日もインク沼のほとりで、好きなものを好きなだけ描いている。‬

twitter:@amachaehok0
  • Pocket
  • LINEで送る