世界の筆記具ペンハウス

松風(まつかぜ)~彩時記コラム~

■松風(まつかぜ)
彩時記のインクのコンセプトは日本の四季ということで、和テイストの色がベースになっている。どの色にも、どこか和を感じさせる部分があるのが大きな特徴といえるだろう。
そんな中で、その和を一番感じることができるのがこの「松風」なのではないだろうか。
和系の緑でパッと思い浮かべることができるのが、セーラー四季織シリーズの中にある「常盤松」「若鶯」。あるいはパイロット色彩雫の「松露」や「竹林」だ。しかし、彩時記の「松風」はそのいずれのインクともかぶらない。「若鶯」や「竹林」ほど明るくないし、かといって「常盤松」や「松露」ほど暗くない。その中間に位置するのが「松風」だと思う。
色を見てみると、くっきりとした緑というのではなく、ちょっとマットな雰囲気を持っていて、そこが和っぽく見える所以だろう。
これは、落ち着きのある色だし、判読性も高いので、様々なシーンで積極的に使うことができる。このインクで手紙を書くのも良いし、仕事の覚書や会議のメモなどでも使うのにも適している。
緑系のインクは、目にも優しいので、仕事で忙しい時などにこのインクに癒されるという人も多いだろう。

<このインクの詳細ページを見る>
Pent〈ペント〉 ボトルインク 彩時記 夏~summer~ 松風(まつかぜ)

その他カラーのコラムはこちらから

春~spring~

夏~summer~

秋~autumn~

冬~winter~