世界の筆記具ペンハウス

月鈴子(げつれいし)~彩時記コラム~

■月鈴子(げつれいし)
月鈴子とは、鈴虫の別名のこと。鈴虫の鳴き声が、まるで月から降りてきたかのような美しさだということから、この名前が別名になったという説がある。そんなロマンティックなネーミングがまずユニークだ。さらに、そこに日本的な美を感じるし、そこがまた彩時記らしさでもある。
色そのものは、深みのある焦げ茶色なのだけれども、濃淡が出ると、ちょっと樹木の表面のような雰囲気が出ることがあり、そこもまた秋を感じさせるし、このインクが他の茶色系のインクとは少し違う雰囲気を持っている大きな特徴でもある。
細字で書くと、色が濃く見えるために、黒に近いと感じることもあるかもしれない。でも良く見ると、ほんのりと赤い部分も感じられる。もし茶色系をもっと強く出したいと思ったら、中字以上の万年筆を使うことをお勧めする。プライベートだけではなく、仕事や、公式な場でも使うことのできる渋い色だ。また、季節に関係なくオールシーズンで使えるところも、この色の大きな特徴であることも付け加えておこう。

<このインクの詳細ページを見る>
Pent〈ペント〉 ボトルインク 彩時記 秋~autumn~ 月鈴子(げつれいし)

その他カラーのコラムはこちらから

春~spring~

夏~summer~

秋~autumn~

冬~winter~