世界の筆記具ペンハウス

葡萄(えびぞめ)~彩時記コラム~

■葡萄(えびぞめ)
「葡萄(えびぞめ)」は、枕草子にも登場するくらい日本人とは深いかかわりのある色。当時は特に宮廷の女官に好まれていたのだとか。「葡萄」という漢字だけを見ると「ぶどう」と読んでしまいがちだが、彩時記の「葡萄」は「葡萄葛(えびかずら)」という植物の熟した実のような色で、染色の際には紫草の根っこを利用している「えびそめ」をモチーフとしている。
さて、それを再現したこちらの「葡萄」は少しおとなしめの紫。澄んだ色ではあるけれども、深みのある紫というよりも、さっぱりとした印象を持っている。秋の季語でもある「リンドウ」を彷彿とさせる色でもあり、オールマイティに使えるのではないだろうか。PILOT色彩雫「紫式部」や、SAILOR四季織「時雨」とはまったく違った紫色なので、それらと比較してみるのも面白い。また、同じ彩時記の「藤富咲」も同系色の色なので、ペアで使ってみるのも楽しいかもしれない。 少し個性の強い色でもある「葡萄」は、プライベートで使うのに適しているが、この色で親しい友人に手紙を書いてみるのも良いだろう。

<このインクの詳細ページを見る>
Pent〈ペント〉 ボトルインク 彩時記 秋~autumn~ 葡萄(えびぞめ)

その他カラーのコラムはこちらから

春~spring~

夏~summer~

秋~autumn~

冬~winter~