世界の筆記具ペンハウス

職人がつくる万年筆の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Pent〈ペント〉 万年筆 by大西製作所 アセテート オーバルモデル スワロフスキ―付き 沈静の煌めき

職人(しょくにん、英語:craftsman)とは
自ら身につけた熟練した技術によって
手作業で物を作り出すことを
職業とする人のことである。
[出典:Wikipedia]

職人が作り出すものと
機械で大量に生産されるものは
どう違うのだろうか?

3Dプリンタや人工知能など
技術革新が目覚ましい昨今
もしかすると限りなく近いものは
機械でも作れてしまうのかもしれない。

だが絶対に真似出来ない事がある。

職人が技術を習得するために努力してきた時間
ひとつの作品が完成するまでに
試行錯誤を繰り返す途方もない工程。
そう、職人の逸品には「魂」が込められている。

大西慶造氏もまた
そんな魂の職人のひとりである。
15歳のころよりセルロイド万年筆の
轆轤(ろくろ)挽きを学びはじめ
約60年間、万年筆一筋の職人だ。

大西氏の挽き出すアセテート軸には
どこか懐かしくやさしい
ぬくもりのようなもの感じる。
氏の人柄がそうさせているのだろうか。

特にこの「沈静の煌めき」の
深いブルーの軸を眺めていると
不思議と心を落ち着かせてくれるようだ。

言葉が無くても感じる思いがあるように
作品の存在が伝えてくれることがある。
職人のつくる万年筆の魅力は
ここにあると思う。

 

<商品詳細はこちら>
Pent〈ペント〉 万年筆 by大西製作所 アセテート オーバルモデル スワロフスキ―付き 沈静の煌めき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※当サイトの画像および商品情報は掲載時のものとなります。予告なく変更となる場合がございますので、詳細につきましては必ず販売ページをご確認ください。また商品は欠品・完売の場合がございます。あらかじめご了承ください。