世界の筆記具ペンハウス

門外不出!伊勢神宮の神域材「伊勢檜」のボールペン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Pent×杢杢工房 パトリオットスリム ボールペン 伊勢神宮 檜(ヒノキ)

二千年の歴史を有し、内宮・外宮をはじめ
125の宮社からなる日本人の心のふるさと「伊勢神宮」。
「お伊勢さん」など親しみを込めて呼ばれることも多いが
正式名称は地名のつかない「神宮」(じんぐう)である。
2013年には20年に一度の「式年遷宮」がおこなわれ
話題になったのも記憶にまだ新しい。

そんな伊勢神宮の神域で育てている檜を「伊勢檜」と呼ぶ。
世界各国珍しい銘木は存在するが
この「伊勢檜」はただ珍しいというだけではない。
通常、式年遷宮など社殿造営のみに使われるため
一般に出回ることはまず無い門外不出の御用材だ。

伊勢神宮を流れる五十鈴川近くの畔に
小さなペン工房「杢杢工房」がある。
銘木コレクターでもある野村収氏が
世界中から集めた稀少な木材を用いて
ひとつひとつ手作りで筆記具を製作している。

入手が難しい「伊勢檜」だが
神宮に使用されなかった間伐材などが
極稀に野村氏の元にやってくるという。
銘木コレクターならではの話である。

伊勢神宮の社殿と同じ木材である
格式高い「伊勢檜」を丁寧に削りだし
筆記具にしたのがこのボールペン。
さらに、ご神木である御山杉をラインで射込み
贅沢なワンポイントを創り出している。

「伊勢檜」のボールペンを手にすれば
自然木の優しい手触りと、ほのかな香りが
どこか懐かしい気持ちにさせてくれる。
目を閉じて、心のふるさと「伊勢神宮」に
思いを馳せるのも良いかもしれない。

<商品詳細はこちら>
Pent×杢杢工房 パトリオットスリム ボールペン 伊勢神宮 檜(ヒノキ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

※当サイトの画像および商品情報は掲載時のものとなります。予告なく変更となる場合がございますので、詳細につきましては必ず販売ページをご確認ください。また、ご紹介している商品はすでに欠品・完売しておりご購入できないものも含まれております。あらかじめご了承ください